和歌山市の不動産|センチュリー21 際 > センチュリー21 際のお役立ち情報一覧 > 不動産売却時の相談先は?売却の流れや相談費用の相場もご紹介

不動産売却時の相談先は?売却の流れや相談費用の相場もご紹介

不動産売却時の相談先は?売却の流れや相談費用の相場もご紹介

親が亡くなって実家を相続した際には相続税を納める必要がありますが、なかには納税資金を確保するために相続不動産を売却したいと考えている方もいらっしゃるでしょう。
しかし、いったいどこに相談すれば良いのかがわからない方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、不動産売却時に最適な相談窓口についてご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産相続時・相続後の不動産売却はどこへ相談すれば良い?

不動産を相続した際にどこへ相談したら良いのかは目的によって異なります。
相続時、または不動産売却時に発生する税金についての相談は税理士がおすすめです。
どのような税金がかかり、どのくらいの金額を納税しなければならないのかを正確に教えてくれます。
確定申告も委任できるため、手続きがわからない場合にも頼りになる存在です。
納税資金の確保のために不動産売却を検討している場合は、不動産会社に相談しましょう。
査定から購入者への引き渡しまで売却活動の一切をサポートしてくれます。
一方、相続時に遺産を巡って相続人間でトラブルを抱えているような場合は弁護士に相談することをおすすめします。

不動産売却の相談前に知っておきたい売却の流れ

不動産を売却する際は、まず不動産会社に相談して大まかな相場を把握しましょう。
その後、不動産会社と一般媒介契約・専任媒介契約・専属専任媒介契約のいずれかを結び、販売活動をしてもらいます。
購入希望者が見つかったら諸条件を決め、売買契約を締結して物件を引き渡すというのが一連の流れです。

不動産売却時の相談費用はいくら?

相談費用の相場は相談先によって異なります。
たとえば弁護士は1時間1万円、税理士は1時間5,000円ほどです。
ただし士業の方への相談料は自由報酬制であり、事業所によって料金設定が変わる点には注意しなくてはなりません。
なるべく相談料を抑えたい場合は、自治体や弁護士会などが定期的に実施している無料相談会を利用しましょう。
時間制限があるため必ずしもすべての疑問に答えてもらえるわけではありませんが、不動産売却の最初の一歩として利用するのもひとつの方法です。
なお、不動産会社への売却相談は無料なので、どのくらいの金額で売れそうか、どのように売却するのかなどについて知りたい方は積極的に活用することをおすすめします。

不動産売却時の相談費用はいくら?

まとめ

相続した不動産に関する疑問があれば、税金は税理士、相続トラブルは弁護士、不動産売却は不動産会社といった具合に、目的に応じてその道のプロに相談しましょう。
無料相談会に参加すれば、相談料も不要です。
不動産会社への相談も無料のため、売却に際しての質問事項があれば、積極的に利用しましょう。
私たちセンチュリー21 際は、さまざまな不動産を取り扱っています。
不動産投資や住宅ローンなどのご相談がありましたら、お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|不動産購入の「現状渡し」とは?メリットや注意点をご紹介   記事一覧   LCCM住宅の特徴とは?購入するメリット・デメリットについてご紹介|次へ ≫

トップへ戻る