和歌山市の不動産|センチュリー21 際 > センチュリー21 際のお役立ち情報一覧 > 家の購入に利用できるペアローンの特徴やメリットとデメリットとは?

家の購入に利用できるペアローンの特徴やメリットとデメリットとは?

家の購入に利用できるペアローンの特徴やメリットとデメリットとは?

いつかは家を購入し、家族と一緒に暮らしていきたいと考えているのであれば「ペアローン」を有効利用できるかもしれません。
住宅ローンの審査時に1人での申し込みよりも通過しやすくなるため、ローンに不安を抱えている方には良い方法の1つでしょう。
今回は、そんなペアローンの特徴、メリットとデメリットをご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

家を購入するときのペアローンの特徴とは?

ペアローンとは、同居している親族の中に一定の収入がある方が2人いる場合、それぞれが債務者となり住宅ローンを組む方法です。
1人では希望している借り入れ額にならない場合などに2人でローンを組み、借り入れ額を上げることができます。
この方法は、2人の収入を合算しますが「借り入れ額」「返済額」は、個別に設定可能です。
たとえば夫と妻で申し込んだ場合、夫が債務者で妻が連帯保証人となる契約が1つ、妻が債務者で夫が連帯保証人になる契約が1つとなります。
このように、2人で1つの住宅に対して債務者として契約できるのが特徴です。

家を購入する際にペアローンを利用するメリットとは?

ペアローンを利用するメリットを3つご紹介します。

借り入れ額が増える

1人で審査をした場合、借り入れ額が希望に届かないことがありますが、2人で契約をすれば借り入れ額が増えるというメリットがあります。

住宅ローン控除が2人分

住宅ローン控除も2人分活用できるため、より節税効果を高められます。

売却時の特別控除も2人分

もし将来的に住宅を売却する場合、売却益が3,000万円までならば税金はかかりません。
ペアローンを利用していた場合には、3,000万円の特別控除を2人とも受けられるため、節税効果を高められるでしょう。

家を購入する際にペアローンを利用するデメリットとは?

とても画期的な仕組みですが、デメリットもありますのでご紹介します。

費用が2人分かかる

2人それぞれが独立した契約をするので、事務手数料や登記手数料などが2人分必要となります。

団信が適用されるのは1人だけ

団体信用生命保険(団信)に2人とも加入することは可能ですが、債務免責が適用されるのは1人分となります。
つまり、残っている分は返済を続けなければなりません。

家を購入する際にペアローンを利用するデメリットとは?

まとめ

家の購入はとても大きな決断となりますので、今後の返済方法などしっかりと計画を立てて準備を整えましょう。
夫婦など家族で利用するのであれば、お互いが納得できるまで話し合いをして、より良い選択ができるようにしましょう。
私たちセンチュリー21 際は、さまざまな不動産を取り扱っています。
不動産投資や住宅ローンなどのご相談がありましたら、お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|空き家で火災が起きる原因とは?対策と責任は問われるのかについてご紹介   記事一覧   不動産売却時の相談先は?売却の流れや相談費用の相場もご紹介|次へ ≫

松浦 恭平 最新記事



松浦 恭平

幸せの形は十人十色だと思っています。不動産売買を通じて少しでも生活が豊かになるお手伝いをさせていただければと思います!

スタッフ情報を見る

トップへ戻る