和歌山市の不動産|センチュリー21 際 > センチュリー21 際のお役立ち情報一覧 > 賃貸経営における空室対策とは?空室の原因や具体的な対策について解説

賃貸経営における空室対策とは?空室の原因や具体的な対策について解説

賃貸経営における空室対策とは?空室の原因や具体的な対策について解説

賃貸経営をしている方の中には、所有物件の空室に悩んでいる方もいるかと思います。
賃貸物件の空室は収入に直結する部分なので非常に重要です。
今回は、賃貸経営における空室対策や理由・原因、具体的な方法について解説していきます。

弊社へのお問い合わせはこちら

賃貸経営における空室対策とは

空室対策とは、賃貸物件を満室にするための工夫や対策のことを指します。
空室につながるさまざまな原因を調査することや、具体的な施策も空室対策にあたります。
現代の空室状況はかなり深刻で「借り手市場」と言われるほどです。
今後も空室は増える可能性が高いため、しっかり対策を講じる必要があるでしょう。

賃貸経営における空室の理由と原因

賃貸物件における空室の理由や原因をご紹介していきます。
主な原因としては立地や費用面での問題があります。
駅などの交通機関からから離れている立地の悪い賃貸物件はアクセスが悪く、人気が低い傾向にあります。
そのため、周辺の賃貸物件に比べて空室が出てしまう原因になるのです。
また、賃貸物件の家賃が周辺の相場より高めだと入居者が減ってしまう原因になります。
賃貸経営をする際には、周りの賃貸物件の家賃相場の調査が大切です。
入居者募集の告知を怠ってしまっている場合も空室の原因として考えられます。
現在、インターネットで賃貸物件を探している方が多いため、張り紙などの告知だけだと十分に空室があることをアピールできていない可能性があります。
賃貸物件の情報を掲載できるサイトに1つでも登録しておくだけで改善される場合があるので、ネット上に掲載していない場合は試してみると良いでしょう。

賃貸経営における具体的な空室対策

賃貸物件の経営における具体的な空室対策をご紹介します。
まずは所有している物件に入居してほしいターゲットを見直してみましょう。
学校の近くであれば学生、住宅街であればファミリー層など、その周辺環境に合ったターゲットの設定が大切です。
ターゲットをしっかり絞り込むことで、賃貸物件に必要な設備やオプションの選定にもつながります。
また、フリーレントによる集客も空室対策に効果的です。
フリーレントとは、入居後数か月間は家賃がかからない契約のことを指し、入居者にとってはお得感があるため入居しやすくなります。
フリーレントと似た空室対策として、入居にかかる初期費用を減額するという空室対策があります。
たとえば、敷金・礼金を少なくするだけでも周りの賃貸物件と差をつけることができるため、お部屋を探している方の目に止まりやすくなります。

賃貸経営における具体的な空室対策

まとめ

今回は、賃貸経営における空室対策についてご紹介してきました。
具体的な空室対策を知ることで、賃貸物件の経営による収入を増加させることができます。
ターゲット層の見直しや募集のかけかたを見直すことも大切です。
私たちセンチュリー21 際は、さまざまな不動産を取り扱っています。
不動産投資や住宅ローンなどのご相談がありましたら、お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|リースバックと融資の違いとは?審査基準や必要書類についても解説!   記事一覧   マンションの修繕積立金とは?値上げされる理由や適正値について解説!|次へ ≫

松浦 恭平 最新記事



松浦 恭平

幸せの形は十人十色だと思っています。不動産売買を通じて少しでも生活が豊かになるお手伝いをさせていただければと思います!

スタッフ情報を見る

トップへ戻る