和歌山市の不動産|センチュリー21 際 > センチュリー21 際のお役立ち情報一覧 > リースバックと融資の違いとは?審査基準や必要書類についても解説!

リースバックと融資の違いとは?審査基準や必要書類についても解説!

リースバックと融資の違いとは?審査基準や必要書類についても解説!

住宅ローンの返済が苦しい方の中には、リースバックについてご存知の方もいらっしゃるかと思います。
通常の融資と違い、リースバックを利用することで住宅ローンに対する問題を解決しやすくなります。
今回は、リースバックと融資の違いに併せて、審査基準や必要書類についても解説していきます。

弊社へのお問い合わせはこちら

リースバックと融資の違い

リースバックも融資もまとまったお金を用意する手段ですが、この2つには明確な違いがあります。
リースバックは持ち家を売却することにより、まとまったお金を用意できるのに対し、融資はお金を借りることで用意する手段です。
そのため、融資では信用情報機関での審査がおこなわれますが、リースバックではおこなわれません。
過去に返済の滞納があってもリースバックを利用できるケースが多いのです。
リースバックと融資の違いについてよく理解しておくようにしましょう。

リースバックを利用するための条件と審査基準

リースバックを利用する条件として「住宅が売却できる物件かどうか」「賃貸物件として住み続ける場合に家賃の支払い能力があるかどうか」の2つが挙げられます。
そもそも、物件自体に大きな欠陥がある場合などは売却できない可能性もあります。
リースバックを利用して賃貸物件として住み続ける場合でも最低限家賃の支払い能力がないと審査に通らない可能性があるのです。
また、不動産の名義人が夫婦で共有されている場合などは、リースバックの利用に関する同意が名義人全員から得られているかも条件に入ります。
一般的には不動産の名義人は1人の場合が多いですが、万が一に備えてきちんと確認しておくようにしましょう。

リースバックの審査と売却時の必要書類

リースバックを利用する際には、審査や売却の必要書類を事前に揃えておく必要があります。
必要な書類は次のとおりです。

●権利証
●身分証明書などの本人確認書類
●源泉徴収票などの所得を証明できる書類
●住宅購入時の重要事項説明書
●ローン残高証明書


登記済証などの権利証や身分証明証、所得が証明できる書類は必ず必要になる書類です。
対して重要事項説明書やローン残高証明書などは、リースバックの業者に応じて準備が必要な場合もあるため、準備しておくと良いでしょう。
これらの書類をあらかじめ用意しておくことで、スムーズにリースバックの審査や手続きをすすめることができます。

リースバックの審査と売却時の必要書類

まとめ

今回は、リースバックと融資の違いやリースバックの審査基準についてご紹介してきました。
リースバックの審査に必要な書類なども予め揃えておくことで、スムーズな手続きにつながります。
住宅ローンの返済に困った場合は、リースバックの利用を検討してみてはいかがでしょうか。
私たちセンチュリー21 際は、さまざまな不動産を取り扱っています。
不動産投資や住宅ローンなどのご相談がありましたら、お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|空き家を民泊にするメリット・デメリットとは?民泊にする手順もご紹介   記事一覧   賃貸経営における空室対策とは?空室の原因や具体的な対策について解説|次へ ≫

松浦 恭平 最新記事



松浦 恭平

幸せの形は十人十色だと思っています。不動産売買を通じて少しでも生活が豊かになるお手伝いをさせていただければと思います!

スタッフ情報を見る

トップへ戻る