和歌山市の売買情報|センチュリー21 際 > センチュリー21 際のお役立ち情報一覧 > 土地購入時に知っておきたい日影規制とは?注意点や北側斜線制限について解説

土地購入時に知っておきたい日影規制とは?注意点や北側斜線制限について解説

カテゴリ:購入の基礎知識

土地購入時に知っておきたい日影規制とは?注意点や北側斜線制限について解説

注文住宅の魅力は、施主の自由な発想で家を建築できることですが、どのようなプランでも日影規制をクリアしていることが前提条件になります。
そのため、日影規制そのものがどのような内容であるかを理解しておきましょう。
今回は土地購入時に知っておきたい、日影規制について、注意点や北側斜線制限を解説します。


和歌山市で戸建ての購入をお考えの方は、センチュリー21 際までご相談ください!


弊社へのお問い合わせはこちら

この記事の執筆者

このブログの担当者  松浦 恭平

センチュリー21際 ブログ担当
【 資格:宅地建物取引主任者、木造ハウジングコーディネーター、ファイナンシャル・プランニング技能士】得意な物件は売買物件。

全般センチュリー21際では、和歌山市を中心に不動産売買・設計・リフォームなど土地・建物に関することを総合的に行っております。「顧客第一・地域密着」をモットーにお客様に満足していただけるよう、不動産売却・購入をサポートさせていただきます。

土地購入時に知っておきたい日影規制の基準になる統計とは?

日影規制は「ひかげきせい」や「にちえいきせい」と読まれます。
日影規制は冬至の日を基準にして、統計のデータを元に算出された時間を越えて日影にならないように設定された、建物の高さに対しての規制です。
具体的には、土地を購入してマイホームを築く際に、軒高までの高さが7mを超えてしまうときや、地上に3階建ての家を建てる場合に、規制を受ける可能性が高いでしょう。

土地購入時に知っておきたい日影規制の注意点とは?

一般的な2階建ての家を建てるときには、ほとんどのケースで日影規制の影響を受けることなく、計画しているとおりのプランで建物を建設できます。
日影規制の対象となるのは、地表から1.5mもしくは4mであるため、購入した土地の周辺環境によっては、統計上では日影になる時間が短い場合でも、日中ずっと地面に日が当たらない可能性も考えられます。
購入した土地の用途地域によって、低層住居専用の地域と、住居地域などに種別が別れている場合には、規制が厳しいほうにあわせて家を建てないと、日影規制をクリアできないことも注意点です。

土地購入時に知っておきたい日影規制の北側斜線制限とは?

北側斜線制限とは、建物を建てた結果として、その北側に位置する住宅に南側から差し込む日差しが継続的に遮られてしまうことを予防する目的で制定された規制です。
ただし、北側斜線制限が該当するエリアは、第一種・第二種低層住居専用地域など、住宅用地に限られています。
こちらの地域に該当する場合には、建物の真北にあたる部分を、基準値で定められた高さと勾配で築かなければなりません。
しかし、敷地の都合上どうしても北側斜線制限を満たせない場合には、緩和措置が認められており、規定よりも高さのある建物を建てられることもあります。

土地購入時に知っておきたい日影規制の北側斜線制限とは?

まとめ

土地購入時に知っておきたい日影規制について解説しました。
購入を検討している土地の周辺環境によっては、日影規制および北側斜線制限の規定が厳しい場合もあります。
土地の購入の前にきちんと日影規制について把握して、確認しておくことが大切でしょう。
私たちセンチュリー21 際は、さまざまな不動産を取り扱っています。
不動産投資や住宅ローンなどのご相談がありましたら、お気軽にお問い合わせください。


和歌山市で戸建ての購入をお考えの方は、センチュリー21 際までご相談ください!


弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


記事一覧   土地の購入に住宅ローンは使える?利用できる融資について解説|次へ ≫

タグ一覧

マネージャー 松浦 恭平 最新記事



マネージャー 松浦 恭平

お引き渡し後もずっとお付き合いが出来る取引を大切にしております。 志している「暮らし方を一緒に考える不動産仲介担当」として、お客様の幸せの形を一緒に考えながらご提案させていただきます。 仕事を通じて、数多くの素敵な言葉とお客様に出逢い、日々感謝しております。 まだまだ至らぬ点も多々ありますが、一生懸命頑張ります。

スタッフ情報を見る

トップへ戻る