和歌山市の不動産|センチュリー21 際 > センチュリー21 際のお役立ち情報一覧 > 不動産投資ローンで物件を購入するときに重要な金利と手続きの流れをご紹介

不動産投資ローンで物件を購入するときに重要な金利と手続きの流れをご紹介

カテゴリ:購入の基礎知識

不動産投資ローンで物件を購入するときに重要な金利と手続きの流れをご紹介

不動産投資は、賃貸物件として人に貸すことで得る賃貸収入を期待しておこなうものです。
通常、投資用物件の購入にはローンを組むことを検討します。
このとき、不動産投資用のローンと住宅ローンの違いについて気になる方もいるのではないでしょうか?
今回は2つのローンの違いと不動産投資ローンの手続きや仕組みについてお伝えします。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産投資ローンと住宅ローンの違いをご紹介

不動産投資ローンと住宅ローンは利用目的がそれぞれ違うので契約形態も全く異なります。
不動産投資ローンは賃貸物件や売却予定済みの物件などあくまで投資目的の不動産の購入に利用されるものです。
一方住宅ローンは借入者が住む予定の物件の購入に利用されるので、両者には借り入れ可能額や金利の違いがあります。
不動産投資の原資は賃貸料で、住宅ローンの原資は借入者収入であることから、貸し倒れのリスクが高い不動産ローンの方が金利が高くなる傾向にあります。
そのため、安定した収益が見込める物件の購入においてのみ不動産投資ローンを組むのが良いでしょう。
また、投資事業目的であることを偽り、低金利の住宅ローンを組むと重大な契約違反にあたります。
目的をはっきりさせたうえでローンを組んでください。

不動産投資ローンの金利についてご紹介

不動産ローンの金利には固定金利と変動金利があります。
多くの金融機関では変動金利が一般的ですが、固定金利を選択できる場合もあるようです。
変動金利は固定金利に比べて低金利ですが、変動リスクがあります。
ですが金利が上昇しても5年間は返済額が変わらない5年ルールなど、借り入れ者を補助する規定がある金融機関を選べば毎月の返済額には大きな変動はないでしょう。
固定金利の場合、金利は変動金利に比べて高くなりますが、固定期間中の金利変動リスクはありません。
変動せず安心な固定金利も良いですが、今は超低金利ですので変動金利をリスクとして後ろ向きに捉える必要ないでしょう。

不動産投資ローンの手続きの流れをご紹介

まず物件を見つけ、空き室状況や家賃相場から収益を予測します。
この収益見込みによってどのような融資を受けられるか検討がつけられます。
次に、金融機関に融資の仮審査の申込みをおこない、融資の仮審査が通ると物件の買い付けができます。
同時に他の金融機関の不動産投資ローンも検討し、より良い融資条件で融資をしてもらえるよう行動するのがおすすめです。
本審査が通り、融資を受ける金融機関を最終的に決めたら、そこで不動産投資ローンの金銭消費貸借契約を締結します。
不動産投資ローンの融資実行は物件の決済、引き渡し時に完了です。
この一連の手続きには時間がかかるうえ、連帯保証人関係や収入証明書などを早めの段階で用意しておく必要があります。
手続きの流れをきちんと確かめ、計画的に取り組んでください。

不動産投資ローンの手続きの流れをご紹介

まとめ

不動産投資ローンの仕組み、住宅ローンとの違い、手続きの流れについてご紹介しました。
借入金額が大きいため、慎重に融資計画を立て、様々な重要書類を用意する必要があり長期戦になります。
満足のいく不動産投資のためにも、本記事の内容を参考に進めてください。
私たちセンチュリー21 際は、さまざまな不動産を取り扱っています。
不動産投資や住宅ローンなどのご相談がありましたら、お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|住宅ローンの選び方をご紹介!金利やメリットとは?   記事一覧   マイホームの買い替えをするタイミングについて解説|次へ ≫

松浦 恭平 最新記事



松浦 恭平

幸せの形は十人十色だと思っています。不動産売買を通じて少しでも生活が豊かになるお手伝いをさせていただければと思います!

スタッフ情報を見る

トップへ戻る