和歌山市の不動産|センチュリー21 際 > センチュリー21 際のお役立ち情報一覧 > 不動産を担保に融資を受けるリバースモーゲージの特徴やリスクを解説!

不動産を担保に融資を受けるリバースモーゲージの特徴やリスクを解説!

カテゴリ:不動産の豆知識

不動産を担保に融資を受けるリバースモーゲージの特徴やリスクを解説!

老後の生活資金を確保する方法の1つに年金がありますが、それだけでは生活が厳しい方もいるでしょう。
そのような際に利用できるローンにリバースモーゲージがあります。
どのようなローンなのか、リスクがあるのではないかと不安に感じる方も少なくないはずです。
そこで今回は、リバースモーゲージについて解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

リバースモーゲージとはどのようなローン?

リバースモーゲージとは、家を担保に融資を受けられる高齢者向けのローンです。
家を抵当に入れて融資を受ける点は住宅ローンと同様ですが、住宅ローンの月々の返済額が元本と利息なのに対して、リバースモーゲージは利息のみで済む点に特徴があります。
元本の返済方法は契約者の死亡時に現金一括、もしくは家を売却するかのどちらかを選択するしくみです。
また、一般的な住宅ローンの用途が不動産の購入に限定されているのに対し、リバースモーゲージは生活資金や医療費などさまざまな使い道ができるため、充実したセカンドライフを送れるでしょう。

リバースモーゲージのメリットは?

リバースモーゲージを利用すれば自宅に住みながら融資を受けられるため、経済面で不安を感じることなく老後の生活を送れます。
また、契約期間中は利息だけを返済すれば良いため、月々の支出を可能な限り抑えられる点もメリットといえるでしょう。
一方、たとえ契約者が亡くなったとしても、配偶者はその契約を受け継ぐことが可能です。
そのため、一生涯において夫婦ともに自宅に住める利点もあります。

リバースモーゲージのデメリット・リスクは?

リバースモーゲージは変動金利型のローンのため、社会情勢に応じて金利が上がり、月々の返済額が増える可能性もあります。
また、一般の住宅ローンとは異なり団体信用生命保険に加入できない点もデメリットといえるでしょう。
保険金ではなく、現金一括か担保の不動産を売却して精算するしくみのためです。
一方、家の評価額が下がった際はそれに応じて融資額が見直され、場合によっては差額を途中返済しなければならない可能性もあります。
物件の所在地によってはローン対象外の場合もあるため、利用にあたっては事前に金融機関に確認することをおすすめします。

リバースモーゲージのデメリット・リスクは?

まとめ

リバースモーゲージを利用すれば、自宅に住みながら融資を受けられます。
月々の返済が利息のみで済む点はメリットですが、金利の変動に伴い返済額が増える可能性もある、家の評価額が下がれば途中返済しなければならないリスクもある点には注意が必要です。
私たちセンチュリー21 際は、さまざまな不動産を取り扱っています。
不動産投資や住宅ローンなどのご相談がありましたら、お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|投資を検討している方必見!不動産投資の利益の仕組みを解説   記事一覧   住宅ローンの選び方をご紹介!金利やメリットとは?|次へ ≫

トップへ戻る