和歌山市の不動産|センチュリー21 際 > センチュリー21 際のお役立ち情報一覧 > 不動産売却でのオープンハウスとは何?メリットとデメリットを解説!

不動産売却でのオープンハウスとは何?メリットとデメリットを解説!

カテゴリ:売却の基礎知識

不動産売却でのオープンハウスとは何?メリットとデメリットを解説!

不動産の売却活動にはさまざまな方法が存在します。
売却活動は売却期間や価格にも影響するため、スムーズな売却のためにはどう売却活動をおこなうかよく考えなくてはいけません。
今回は、そんな売却活動の1つであるオープンハウスについて、実施するメリットとデメリットを解説します。
オープンハウスの特徴について知りたい方、売却期間の長期化に悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産売却時に実施するオープンハウスとは

オープンハウスとは売却する住宅を開放し、自由に内覧をおこなってもらう売却活動です。
一般的には一戸建て住宅をオープンハウス、マンションの場合はオープンルームと呼んで区別します。
オープンハウス中の住宅には常に案内人が待機しているので、内覧の予約は必要ありません。
オープンハウスは主に土曜日や日曜日など、人が集まりやすいタイミングで実施され、チラシや不動産会社のホームページで開催が告知されます。

不動産売却時にオープンハウスを実施するメリット

オープンハウスを実施するメリットの1つは、より多くの方に物件が売却中であることを知ってもらえる点です。
物件周辺の垂れ幕やのぼり旗などでオープンハウスの実施をアピールするため、不動産購入を意識していない近隣住人にも物件が売りに出されていることを周知できます。
近隣で新居を探している方は少なからず存在するので、この点は大きなメリットです。
内覧には予約の必要がないため、そこまで積極的に購入を希望していない層にも、気軽に物件を見てもらえます。
また、複数の購入希望者が同時に内覧をおこなうため、現場で競争意識が生まれるのも重要なメリットです。
競争相手に先んじて購入したい心理が働くことで成約率も向上し、希望価格での早期却が可能になります。
もし買い手が見つからなかった場合でも、アンケートなどを設置することでその物件の問題点が見えてくるかもしれません。
問題点が判明すれば、売却価格の見直しや設備のリフォームなどの対策も立てやすくなるでしょう。

不動産売却時にオープンハウスを実施するデメリット

オープンハウスによって生じるデメリットとしては、売却活動をおこなっていることが近隣に知られてしまう点が挙げられます。
そのため、知人や親族に知られずに売却を進めたい、近隣トラブルが原因で売却をおこなう場合などでは、適した方法とは言えないでしょう。
現在も自身が住んでいる物件でオープンハウスを実施する場合は、数日間別の場所で生活しなくてはいけない点もデメリットとなります。
また、オープンハウスの費用は不動産会社が負担するため、集客力に自信がない不動産会社会社は実施に消極的な点も注意が必要です。

不動産売却時にオープンハウスを実施するデメリット

まとめ

オープンハウスは物件情報を広く認知してもらい、気軽に内覧に訪れてもらえる有力な売却活動の一種です。
一方、周囲に不動産売却が知られてしまうといったデメリットも存在するので、実施に際してはよく検討するようにしましょう。
私たちセンチュリー21 際は、さまざまな不動産を取り扱っています。
不動産投資や住宅ローンなどのご相談がありましたら、お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|不動産売却でおこなうインスペクションとは?実施するメリットや費用を解説   記事一覧   不動産売却時は媒介契約の種類にも要注意!種類ごとの特徴を解説!|次へ ≫

トップへ戻る