和歌山市の売買情報|センチュリー21 際 > センチュリー21 際のお役立ち情報一覧 > 転職は住宅ローンに影響がある?申し込み時期や返済中の注意点を解説!

転職は住宅ローンに影響がある?申し込み時期や返済中の注意点を解説!

カテゴリ:不動産の豆知識

転職は住宅ローンに影響がある?申し込み時期や返済中の注意点を解説!

ライフステージの変化やキャリアアップなどで、転職を検討している方も多いはずです。
しかし、マイホームの購入で住宅ローンを利用する場合は、転職の時期に注意しなければなりません。
今回は、転職が審査に影響するのか、申し込みに最適な時期、ローン返済中に転職した場合の手続きなどをご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

この記事の執筆者

このブログの担当者  松浦 恭平

センチュリー21際 ブログ担当
【 資格:宅地建物取引主任者、木造ハウジングコーディネーター、ファイナンシャル・プランニング技能士】得意な物件は売買物件。

全般センチュリー21際では、和歌山市を中心に不動産売買・設計・リフォームなど土地・建物に関することを総合的に行っております。「顧客第一・地域密着」をモットーにお客様に満足していただけるよう、不動産売却・購入をサポートさせていただきます。

転職は住宅ローンにどんな影響を与える?

住宅ローンの審査項目は金融機関によって異なる部分もありますが、共通しているのは「勤続年数」です。
一般的に勤続年数3年以上が審査通過の基準となっており、転職すると年数がリセットされてしまうため審査がとおりにくくなります。
頻繁に転職している場合は収支のバランスが不安定だと判断されるため、なかなか審査を通過できません。
仕事を変えることでローンが利用できなくなるわけではありませんが、信用問題に関わるので転職時期は慎重に選ぶことが大切です。
ただ、ハイクラス転職や大企業への転職は十分な返済能力が保証されるため、審査に良い影響を及ぼす可能性も考えられます。

住宅ローンの申し込みは転職前と後どちらがおすすめ?

一般的に、住宅ローンの申し込みは転職後が良いとされています。
転職前だと年収が確定しないため、実際の給料より低い金額で審査される場合がほとんどです。
転職直後でも審査時に不利になるケースが多いので、住宅ローンを確実に利用するためにも転職してから数か月後に申し込むことをおすすめします。
仕事に慣れてきている時期なら落ち着いて希望の住宅を見つけられ、返済計画もしっかりと立てられるでしょう。
住宅ローンの申し込みを転職後にすると、借り入れ後のリスクを想定できるメリットもあります。

住宅ローンの返済中に転職した場合の手続きとは?

多くの金融機関では、届け出に変更があった場合は所定の手続きが必要です。
転職後は、速やかに変更内容を届け出るようにしましょう。
また、仕事を変える時期によっては、住宅ローン控除手続きに変更が出るため、場合によっては確定申告が必要です。
転職によって収入が減少した場合は、残債や収支バランスを考慮しながら返済計画を見直し、無理のない計画を立てるようにしましょう。
返済が滞ってしまったり遅延してしまったりすると、信用情報に傷を付けてしまうため、支払い困難な場合は早めに金融機関に相談することをおすすめします。


ご不明点があればぜひお問い合わせください

住宅ローンの返済中に転職した場合の手続きとは?

まとめ

転職は勤続年数がリセットされるため、住宅ローン審査に大きな影響を及ぼします。
安定した収入で審査してもらうためにも、転職して数か月経った頃に申し込むのがおすすめです。
返済中に転職した場合は、速やかに勤務先や収入の変更を届け出るようにしましょう。
私たちセンチュリー21 際は、さまざまな不動産を取り扱っています。
不動産投資や住宅ローンなどのご相談がありましたら、お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|庭のある一戸建てのメリットやデメリットをご紹介!楽しい活用方法とは   記事一覧   空き家を放置するデメリットとは?おすすめの売却方法もご紹介!|次へ ≫

タグ一覧

マネージャー 松浦 恭平 最新記事



マネージャー 松浦 恭平

お引き渡し後もずっとお付き合いが出来る取引を大切にしております。 志している「暮らし方を一緒に考える不動産仲介担当」として、お客様の幸せの形を一緒に考えながらご提案させていただきます。 仕事を通じて、数多くの素敵な言葉とお客様に出逢い、日々感謝しております。 まだまだ至らぬ点も多々ありますが、一生懸命頑張ります。

スタッフ情報を見る

トップへ戻る