和歌山市の売買情報|センチュリー21 際 > センチュリー21 際のお役立ち情報一覧 > 二世帯住宅は売却しにくい?タイプや注意点についてご紹介

二世帯住宅は売却しにくい?タイプや注意点についてご紹介

カテゴリ:売却の基礎知識

二世帯住宅は売却しにくい?タイプや注意点についてご紹介

親と子の別世帯が同じ建物で生活する「二世帯住宅」ですが、家族構成の変化などで売却を検討している方もいるでしょう。
本記事では、二世帯住宅のタイプや売却しにくい理由、注意点も解説します。
通常の戸建て住宅とは気を付ける点が異なりますので、参考にしてください。

弊社へのお問い合わせはこちら

この記事の執筆者

このブログの担当者  松浦 恭平

センチュリー21際 ブログ担当
【 資格:宅地建物取引主任者、木造ハウジングコーディネーター、ファイナンシャル・プランニング技能士】得意な物件は売買物件。

全般センチュリー21際では、和歌山市を中心に不動産売買・設計・リフォームなど土地・建物に関することを総合的に行っております。「顧客第一・地域密着」をモットーにお客様に満足していただけるよう、不動産売却・購入をサポートさせていただきます。

二世帯住宅のタイプは3種類

二世帯住宅には、3種類のタイプがあります。
以下で詳しくお伝えします。

完全分離型

玄関も別になっており、階段や壁でお互いの生活空間を仕切るため、共同で使うエリアがないタイプです。
プライバシーは尊重されますが、コミュニケーションがとりづらい難点があります。

一部共用型

玄関やキッチンは共同で使うなど、一部分のみ共用スペースがあるタイプです。
プライベート空間を保ちながら、必要なときにコミュニケーションを計りやすいメリットがあります。

完全同居型

両世帯の空間が1つのため、お互いに助け合いながら生活できます。
プライバシーの確保が難しい一方で、建築コストが安いメリットがあります。

二世帯住宅が売却しにくいと言われる理由

二世帯住宅は売却しにくいと言われますが、以下の理由があります。

売り出し価格が高い

2つの世帯が住むため、もともとの建築コストが高く、売却価格も割高になりがちです。

希望の間取りにマッチしにくい

二世帯住宅は3種類のタイプがあり、さらに両世帯のライフスタイルに合わせたオリジナルな間取りが特徴ですが、買主の希望には合わない可能性があります。
しかし、少子高齢化でニーズは高まっていることは加味できると言えるでしょう。

心理的瑕疵が懸念される

とくに築浅物件の場合は、親の死や離婚だけではない不幸が起こったのではないかと憶測され、購入に至りにくい可能性があります。

二世帯住宅を売却する際の注意点

二世帯住宅を売却する際は、通常の戸建て住宅にはない注意点についても知っておく必要があります。

変更登記をしてから売却する

建築費用が高い二世帯住宅は、親と子の共同で購入費用を支払うケースがほとんどです。
不動産売却時には登記と売主の名義が同一でないと売却できないため、変更登記の必要が生じます。

内覧時のアピール

生活感をなくす必要があるほかにも、バリアフリーを考えて施工している場合はアピールしましょう。
二世帯住宅を検討している方にとっては、魅力あるポイントになります。

二世帯住宅ではない活用方法も見出す

たとえば、シェアハウスや寄宿舎などに活用する方法もあります。
購入層を拡大すれば、早期に買い手が見つかるでしょう。

二世帯住宅を売却する際の注意点

まとめ

二世帯住宅は、完全分離型・一部共用型・完全同居型の3種類のタイプがあります。
もともとの建築コストの高さから、売却価格が高く、買い手の希望にマッチしにくい要素が売却しにくい理由です。
注意点も踏まえて、売却を検討しましょう。
私たちセンチュリー21 際は、さまざまな不動産を取り扱っています。
不動産投資や住宅ローンなどのご相談がありましたら、お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


この記事の執筆者

このブログの担当者  松浦 恭平

センチュリー21際 ブログ担当
私たちセンチュリー21際は、和歌山市を中心に不動産売買・設計・リフォームなど土地・建物に関することを総合的に行っております。「顧客第一・地域密着」をモットーにお客様に満足していただけるよう、不動産売却・購入をサポートさせていただきます。お気軽にご相談ください!

≪ 前へ|実家じまいとは?事前準備や処分方法とは?   記事一覧   競売物件を購入してもいい?メリットやデメリットについてもご紹介|次へ ≫

タグ一覧

マネージャー 松浦 恭平 最新記事



マネージャー 松浦 恭平

お引き渡し後もずっとお付き合いが出来る取引を大切にしております。 志している「暮らし方を一緒に考える不動産仲介担当」として、お客様の幸せの形を一緒に考えながらご提案させていただきます。 仕事を通じて、数多くの素敵な言葉とお客様に出逢い、日々感謝しております。 まだまだ至らぬ点も多々ありますが、一生懸命頑張ります。

スタッフ情報を見る

トップへ戻る