和歌山市の不動産|センチュリー21 際 > センチュリー21 際のお役立ち情報一覧 > 不動産を購入する際に気になるローンの種類と金利について解説

不動産を購入する際に気になるローンの種類と金利について解説

カテゴリ:購入の基礎知識

不動産を購入する際に気になるローンの種類と金利について解説

一般的に、不動産を購入するときはローンを組むのが一般的です。
ただ、多くの種類が用意されているため、どれを選ぶべきなのか迷ってしまう方もいらっしゃるはずです。
そこで今回は、マイホームの購入を検討している方に向けて、ローンの種類と選択するときのポイントなどについて解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産の購入時に利用できるローンの種類をご紹介!

不動産を購入する際のローンには、民間融資・公的融資・自治体融資・協調融資などの種類があります。
民間融資は、銀行などから住宅購入のための融資をしてもらうことであり、選択肢が多いことが特徴です。
公的融資は、勤務先での財形貯蓄が50万円以上ある方だけが受けられる、自治体などの公的機関による融資であり、民間融資と併せて利用できます。
また、都道府県や市町村が独自におこなっているのが自治体融資ですが、制度がない自治体もあるのでお住まいの自治体で確認してみましょう。
民間融資と公的融資の間にあるのが協調融資で、「フラット35」などがこれに当たります。

不動産を購入する際のローンを選ぶポイントとは?

ローンを選ぶ際に注目すべきポイントは、返済期間・金利・返済方法などです。
さまざまなものがあるので、比較検討したうえでご自分に合ったものを選ぶようにしましょう。
返済期間が短ければ短いほど、毎月の返済額はどうしても高くなってしまいますが、支払う利息は減るので長い目で見ればお得です。
返済方法にも、毎月払いとボーナス併用払いがあり、どちらかを選択しなければなりません。
ボーナス併用払いを選んだ場合は、なるべくボーナスからの支払いを少なくしておいたほうが安心です。
また、これからどのようにお金がかかっていくのかというライフプランや、現時点で家計に余裕があるのかどうかも、ローンの金利を選ぶポイントとなります。

不動産購入時に利用できるローンの金利はどういうものがあるの?

不動産購入時に利用できるローンの金利の1つである「全期間固定型」は、返済中の金利が固定されるという特徴があり、その額は高めですが変化がないという安心感があります。
ライフプランも立てやすく、まだお子さまが小さく、家計にあまり余裕がないという方におすすめです。
「変動型」は、銀行による住宅ローンに多く見られるパターンであり、半年ごとにその額が見直されます。
共働きなどで比較的家計に余裕がある方に向いているでしょう。
「固定期間選択型」は、金利や返済額が変化しない期間を決められるというものです。
子どもの教育費がかかる時期などに、変化しない期間を設定しておくと良いでしょう。

不動産購入時に利用できるローンの金利はどういうものがあるの?

まとめ

不動産を購入するときはたいていローンを組みますが、その種類はさまざまです。
ご自分のライフプランを考えたうえで、最適なものを選ぶようにしましょう。
返済方法や返済期間も選択する際のポイントですが、金利の変動についてもご自身の将来とよく照らし合わせて考える必要があります。
私たちセンチュリー21 際は、さまざまな不動産を取り扱っています。
不動産投資や住宅ローンなどのご相談がありましたら、お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|不動産購入時に火災保険は必須?補償内容や相場について解説   記事一覧   不動産売却時は媒介契約の種類にも要注意!種類ごとの特徴を解説!|次へ ≫

松浦 恭平 最新記事



松浦 恭平

幸せの形は十人十色だと思っています。不動産売買を通じて少しでも生活が豊かになるお手伝いをさせていただければと思います!

スタッフ情報を見る

トップへ戻る