和歌山市の不動産|センチュリー21 際 > センチュリー21 際のお役立ち情報一覧 > 不動産購入時に火災保険は必須?補償内容や相場について解説

不動産購入時に火災保険は必須?補償内容や相場について解説

カテゴリ:購入の基礎知識

不動産購入時に火災保険は必須?補償内容や相場について解説

マイホームの購入を考えたとき、火災保険についても同時に検討する必要があります。
火災保険にはたくさんの種類があるため、どのような基準で選べば良いかお悩みの方は多いのではないでしょうか。
今回は住宅購入を検討している方に向けて、火災保険の必要性や補償内容、金額面についてご説明します。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産購入時における火災保険の必要性と補償内容

土地や建物などの不動産を購入する際、火災保険への加入は義務ではありません。
そのため、火災を起こさないよう気を付ければ入らなくて良いと考える方もいますが、火災保険に入るべき理由は火災への備え以外にも多くあります。
たとえば隣家で火災が起きた場合、火が回ってきて自分の家にまで被害が及ぶ可能性があります。
保険に入っていないと多額の修繕費を自費で払うことになるため、家計にとって大きなダメージになり得るでしょう。
また、火災以外の風害や水害・盗難への補償が付いている火災保険も多く、入っていればさまざまな被害に対応できます。
補償される範囲は商品によって異なるため、ご自身のライフスタイルやお住まいの地域に合ったプランにしましょう。
マンションの場合、共有部分と専有部分で分けて火災保険に入ることが一般的です。
共有部分は管理組合で加入していることが多いため、基本的に自分の住む住戸のみの加入で問題ありません。

不動産購入時にかかる火災保険費用は経費にできる?

仕事場として不動産を購入し、火災保険費用を経費として計上する場合、いくつかの注意点があります。
まず、購入した不動産が事業に関する限り、火災保険は経費に算入することが可能です。
自宅と事務所を兼ねている場合などは、不動産のなかの事務所の割合を算出し、一部を経費とします。
事業と関係のないプライベートな部分の保険料は控除されないため、気を付けましょう。
また、火災保険には10年単位の長期契約プランもありますが、その場合は一括計上ではなく、年度ごとの金額に分けて計上していく必要があります。

不動産購入時にかかる火災保険の相場

保険料は保険会社がそれぞれ決めていますが、家の構造や面積・補償内容によって価格が変わることを知っておきましょう。
家の構造や築年数においては、建物が壊れにくく燃えにくいほど保険料が下がりやすくなります。
木造住宅や築古物件は損壊や火災の被害が大きいため、保険料が高くなるというのは想像しやすいのではないでしょうか。
また、面積が広くなるにつれて保険料は高くなります。
補償内容や特約が多いとその分高くなるため、火災保険が高すぎるとお悩みの方は、必要なさそうな特約を外すのも1つの手です。
相場は、約2万円から20万円程度と言われています。
長期契約だと高額になりますが、年単位で考えると割安なこともあるため、価格と相談しながら検討してみてください。

不動産購入時にかかる火災保険の相場

まとめ

火災保険への加入は任意ですが、万が一のことを考えると、家を買うならぜひとも入っておきたい保険です。
お住まいの地域や家の構造などを考慮し、自分の家に必要な補償は何かを考えたうえで検討することをおすすめします。
私たちセンチュリー21 際は、さまざまな不動産を取り扱っています。
不動産投資や住宅ローンなどのご相談がありましたら、お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|頭金なしで住宅ローンを組むメリット・デメリットとは?   記事一覧   不動産を購入する際に気になるローンの種類と金利について解説|次へ ≫

松浦 恭平 最新記事



松浦 恭平

幸せの形は十人十色だと思っています。不動産売買を通じて少しでも生活が豊かになるお手伝いをさせていただければと思います!

スタッフ情報を見る

トップへ戻る