和歌山市の不動産|センチュリー21 際 > センチュリー21 際のお役立ち情報一覧 > 不動産購入後にインターネットを契約する方法や回線の種類・特徴を解説!

不動産購入後にインターネットを契約する方法や回線の種類・特徴を解説!

カテゴリ:購入の基礎知識

不動産購入後にインターネットを契約する方法や回線の種類・特徴を解説!

いまやインターネットは日常生活に欠かせないツールです。
しかし新たに購入したマイホームでインターネットを利用するにはいったいどうすれば良いのか、どのような会社と契約を結べば良いのか、よくわからない方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで今回は、不動産購入後にインターネットを契約する方法について解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産購入後にインターネットを契約する方法は?

新居でインターネットを利用する場合は、回線を提供する回線会社と、回線をインターネットにつなげるプロバイダと契約を結ばなければなりません。
ただし、回線会社やプロバイダは事業者ごとに料金プランや通信速度、サービスが異なり、なかには携帯電話やガス、電気とセットで申し込むことで割引が適用されるところもあります。
何を重視するかによって選ぶべき会社が異なるため、自身の利用状況と照らし合わせながら検討しましょう。
インターネットを新規で契約する場合は、回線会社やプロバイダのホームページ、家電量販店、携帯ショップなどを通じて申し込みます。
マンションによってはすでにプロバイダ契約が済んでいるケースもあるため、事前に確認することをおすすめします。

不動産購入後に契約可能なインターネットの種類は?

自宅で利用できるインターネットは、おもに固定回線とモバイルルーターの2種類です。
固定回線は自宅に光回線を引き込むもので、通信速度が速くて安定している点に特徴があります。
通信制限もないため、動画やゲームを思う存分楽しみたい方に向いているでしょう。
ただし、利用する際は引き込み工事をおこなう必要があります。
一方、工事の手間を省きたい、引っ越し後すぐにインターネットを利用したい方はモバイルルーターが向いています。
持ち運びも可能なため、屋外で利用できる点もメリットでしょう。
しかし固定回線と比較すると通信速度は遅く、また通信制限がある点がデメリットです。

不動産購入後にインターネットが開通するまでの期間は?

モバイルルーターを利用する場合、工事は不要ですが、自宅に固定回線を引く場合は回線工事をおこなう必要があります。
開通までに2週間から1か月ほどかかるため、不動産購入後にすぐ固定回線を使いたい場合は早めに工事の予約を取りましょう。
時期によっては工事の実施までに1か月以上待たされることもあるため、注意が必要です。

不動産購入後にインターネットが開通するまでの期間は?

まとめ

新居でインターネットを利用するには回線会社やプロバイダと契約を結ぶ必要があります。
モバイルルーターの場合は工事不要ですぐに使えますが、固定回線を引き込む場合は開通までに時間がかかることもあるため、新居ですぐにインターネットを利用したいときは早めに工事を申し込みましょう。
私たちセンチュリー21 際は、さまざまな不動産を取り扱っています。
不動産投資や住宅ローンなどのご相談がありましたら、お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|長期優良住宅を購入するメリットとデメリットを解説!   記事一覧   土地購入時に知っておきたい日影規制とは?注意点や北側斜線制限について解説|次へ ≫

トップへ戻る