和歌山市の不動産|センチュリー21 際 > センチュリー21 際のお役立ち情報一覧 > 中古マンションの壁式構造とは?メリット・デメリットをご紹介

中古マンションの壁式構造とは?メリット・デメリットをご紹介

中古マンションの壁式構造とは?メリット・デメリットをご紹介

中古マンションを購入するにあたって、壁式構造についてご存じない方も多いのではないでしょうか。
壁の構造を把握しておくことは、購入を検討するうえで重要なポイントのひとつです。
そこで今回は、壁式構造とは何かご説明したうえで、メリット・デメリットについてもご紹介いたします。
築年数の古い中古マンションの購入をお考えの方は、ぜひ参考にしてみてください。

弊社へのお問い合わせはこちら

中古マンションに多い壁式構造とは?

壁式構造とは柱や梁の代わりに壁で建物を支える構造のことで、中低層マンションによく用いられています。
耐力壁と呼ばれる、鉄筋コンクリートでできた頑丈な壁を使用するのが特徴です。
一方、柱や梁で枠組みを作り、そこに壁や天井をはりつけていく構造をラーメン構造といいます。
ラーメン構造が階数の高い建物に適しているのに対し、壁式構造は高層になると強度に問題がでてしまうため、5階までの建物にしか使用できません。
ただし、壁式構造は耐震性に優れているため、旧耐震基準で建築された建物であっても耐震強度が高い傾向にあります。

壁式構造の中古マンションのメリットについて

壁式構造のマンションは、部屋をまっすぐ使用できる点が大きなメリットです。
柱による壁の出っ張りがないため、基本的に凹凸が生じることはありません。
そのため、部屋をまっすぐ使用でき、家具もきれいに配置できます。
また、断熱性や防音性に優れている点もメリットのひとつです。
鉄筋コンクリートであるため、壁が分厚く空調効率に優れているうえ、防音効果も期待できます。
さらに、建物自体がとても頑丈で耐震性が高い点も挙げられます。
柱で支えるラーメン構造よりも、壁で支える壁式構造のほうが耐震性に優れていると言えるでしょう。

壁式構造の中古マンションのデメリットについて

壁式構造のデメリットは、大規模なリノベーションをおこなえないことです。
壁で建物を支えているため、安易に壁を撤去してしまうと、建物が重さに耐えられず傾いてしまう可能性があります。
また、建物を支える壁に設置する窓やドアに関しても、大きさが定められています。
一面大きな窓を設置したいと思っても、耐久性の面から不可能といえるでしょう。

壁式構造の中古マンションのデメリットについて

まとめ

中古マンションでよく用いられている壁式構造の特徴と、メリット・デメリットをご紹介しました。
壁式構造のマンションは、中古マンションでリノベーションを希望する方には向きませんが、すっきりとした部屋や、耐震に優れた丈夫な部屋に住みたい方にはおすすめです。
私たちセンチュリー21 際は、さまざまな不動産を取り扱っています。
不動産投資や住宅ローンなどのご相談がありましたら、お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|不動産投資で法人化する方法とは?メリットやデメリットも解説!   記事一覧   不動産投資におすすめ!コンパクトシティのメリット・デメリットとは?|次へ ≫

松浦 恭平 最新記事



松浦 恭平

幸せの形は十人十色だと思っています。不動産売買を通じて少しでも生活が豊かになるお手伝いをさせていただければと思います!

スタッフ情報を見る

トップへ戻る